やまもと工房

アニメ漫画ゲームラノベ映画音楽日常など好きなことを語るブログ。

麻枝信者による『Long Long Love Song』感想まとめ

Long Long Love Song(初回生産限定盤)(DVD付)

 

Long Long Love Song

 

『Long Long Love Song』発売してた!!!!!

 

 

ということで、予告していた感想です。

 

以下制作日誌のネタバレ含みます。

 

信者目線です。

 

大丈夫な方はどうぞ!

 

 

 

 

1.僕らだけの星 

 

すでに動画で公開されていた曲ですね。

 

1曲目にはぴったりです。

 

『終わりの惑星のLove Song』に収録されていてもおかしくないような、一見キャッチーな曲にも拘わらず、ほとんど説明で終わっていた前作とは違い、きちんと物語性があるからです。

 

初っ端にこの曲がくることで、「前作の反省が活かされている」と、このアルバムに対しての期待度が爆上がりしました。 

 

きみが居なくなってしまっても
強く生きるんだ 

 

この曲に限りませんが、「互いを高め合える関係」が麻枝作品における恋愛の在り方だと思っています。『智代アフター』なんかはそれ自体がテーマだったりしますが。

 

麻枝さんもそういう人を求めてるんですかね。

 

 

2.Bus Stop

 

麻枝さんが気に入っているっぽい曲。

 

言うほど良いか?というのが正直な感想です。

 

確かに熊木さんの透き通った声によく合っているし、良い曲ではあります。

 

しかし「麻枝さんぽい」という第一印象以上にはならない曲でした。

 

 

3.小説家とパロットの物語

 

ふむなるほど。私のための曲だな!!!!!

 

パイロットの彼を待つ少女……っていうのがめちゃくちゃ好きなんですよ!

 

しかもしかも、

 

きみが好きだった  

 

熊木さんの歌い方が最高!!!

 

これで撃墜されました。

 

熊木さんの良さが素晴らしく引き出されている曲だと思います。

 

麻枝さんの描く物語は、良い意味で「きみ」と「ぼく」の狭い世界だと思ってるんですが、この曲にはもっと広い世界観を感じました。ちょっとラノベっぽいですね。

 

 

4.Rain Dance

 

サビが良い!耳に残るので、つい口ずさんでしまう!

 

派手さはない曲なんですけど、好きです。

 

 

5.約束の唄

 

このアルバムでは一番抽象的な曲だと思いました。

 

はっきりしないところに想像力を働かせるのが麻枝作品の魅力なので、そういう意味ではかなり「らしい」曲です。

 

それにしても、ほんとに「○○の唄」って多いな。

 

 

6.きみだけがいてくれた街

 

がっつりHYの『365日』。

 

それにしても、これまでずっと「純愛」を描いてきた麻枝さんがこういう歌詞を書くとは!

 

危惧されている通り、人によっては「尻軽女の曲」になってしまうかもしれません。

 

しかし、「人生とはそういうものなんだ」ということを表現したかったとのことで、納得です。

 

受け入れられづらいとは思いますが、個人的にはこれぐらい尖ってるほうが好きです。

 

 

7.tale of the tree

 

イラストを見ただけでなんとなく曲の内容がわかってしまった。

 

まあ一回聴けば良いかな、という感じ。

 

 

8.光の行方

 

あまり熊木さんの声の良さが生かされていないような。

 

特にサビは高いのか?少し無理をして歌っている印象があり、聴いていて耳がキーンとする。

 

 

9.銀色世界

 

なんとなく『Bus Stop』と被る印象。

 

うーん、一回聴けばおk。

 

 

10.End Of The World

 

こんなに良い曲がまさか3000枚しか売れなかったとは……。まじか!?

 

それでも大好きな曲です。

 

『Rewrite』は本当に良い曲が多いです。

 

 

11.汐のための子守歌

 

これは反則ソング!!!

 

色々思い出してうるっときました。

 

多くは語るまい……。

 

 

12.Supernova

 

麻枝作品に共通するのが、魂の輪廻です。

 

このアルバムにおける二人の魂は同じなのかな?

 

とすれば、前作『Heroの条件』と同じ位置づけの曲になるんでしょうか。

 

歌詞も良いですが、メロディも好きです。

 

 

13.Love Songの作り方

 

長かった旅の果てです。ここに来るまで長かった……。

 

てか穏やかすぎて泣ける……。

 

幸せってこういうことだよね……。

 

もう、ゴールしてもいいよね?

 

 

まとめ

 

麻枝ファンには制作日誌付きの初回生産限定版をお勧めします。こうやって作られたアルバムなんだなあ、と思いながら聴くと、また別の意味で泣けます。

 

前作で「状況説明」と言われた失敗をほぼ克服しているので、『終わりの惑星のLove Song』は合わなかったという古参の人にも受け入れられる作品になっていると思います。

 

ほんと良いアルバムだから売れると良いなあ……。

 

これでしばらく生きていけます。

 

 

麻枝さんありがとう!!!!!

 

 

 

Long Long Love Song(初回生産限定盤)(DVD付)

Long Long Love Song(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

Long Long Love Song

Long Long Love Song